ホーム - 大成の人×技術 - 技術センター 建築技術開発部 建築生産技術開発室 仕上システムチーム 若山 恵英

画像

研究開発したものが形になる時の喜び。オーダーメイドなものづくりは、建設業の醍醐味です。

技術センター 建築技術開発部 建築生産技術開発室 仕上システムチーム
若山 恵英

分野

ものづくり

テーマ

テクノロジー

大成建設の研究開発の拠点“技術センター”では、多くの技術者たちが日々、飽くなき挑戦に取り組んでいます。
今回は“仕上システムチーム”に所属し、高性能仕上げ材の研究開発に従事している、若山課長にお話を伺いました。

─どのような研究開発をされているのですか?

建物構工法の研究室にて材料開発チームに所属し、仕上材料の研究に携わっています。主にクリーンルーム内の空気を汚染しない、化学汚染物質を発生させない材料の研究開発を行っています。
最近の開発品には、“匂わない・分子汚染物質を発生させない”屋内用塗料「アグレスコート」や、クリーンルーム内の化学汚染物質を除去する「化学汚染物質除去ユニット」があります。

─同時並行でさまざまな研究開発を進められていると思いますが、研究開発に取り組むきっかけはどんなことですか?
シリコンウェハを用いた試験状況(大成建設技術センター)

シリコンウェハを用いた試験状況
(大成建設技術センター)

やはり直にお客様の声を聞き、困っていることは何か、そのトラブルを起こさない材料を作るにはどうしたらいいか、ということが研究開発のきっかけになっています。
屋内用塗料「アグレスコート」の開発では、お客様から「クリーンルーム内の床の補修をしたいので塗料を塗りたいが、塗料から発生する化学物質がユニットに影響を与えてしまうので、補修作業もなかなかできないんだよね。」という一言がきっかけになりました。

その後、従来品の問題点を洗い出し、60種ほどの塗料を使いトライ&エラーの実験を繰り返しました。商品化するのに5年を費やしています。

─随分、地道な作業ですね。
学生時代から研究の日々と伺っていますが、どんな研究をされていたのですか?

大学では合成繊維の研究に携わっていました。
例えば、繊維にも強弱があって、衣服の原料となるポリエステル繊維をより強くする研究は、防弾チョッキの素材に応用することが出来るんですよ。

現在の研究とは全く関係がありませんが、ただ、どんなに地道な作業でも、研究での試行錯誤が数値やデータで目に見える結果となっていく過程は非常に面白いものでした。今でも研究に対して同じ気持ちを抱きますし、学生時代に培った粘り強さは常に活かされています。

─現在では、研究開発をしていてどのような時に喜びを感じるのでしょう。

研究開発したものが実物件に適用され、効果をお客様に認識していただいた時は嬉しいですね。
大成建設に入社したのも、物を創ることが好きだからです。目に見える何かを創りたい、そしてそれを永久に残せたら、という思いがあります。建設業はお客様と共に1つずつ手作りしていくので、そのオーダーメイド感に魅力を感じています。
建設会社の研究者という立場の醍醐味とも言えますね。

技術センター研究本館

技術センター研究本館

センター3F コミュニケーションスペース

センター3F
コミュニケーションスペース

─なるほど、まさに「地図に残る仕事」という訳ですね。
技術研究者として常に意識していることは何ですか?

広い視野と全体を意識するバランス感覚、そして柔軟性です。
我々の研究は1人ではできませんし、製品として認知させるにも多くの人々と協力していきます。自らの技術に固執しすぎないこと、そして他部門との連携力や、TPOに応じて他の技術を採用するくらいの柔軟性も重要だと思っています。

─開発された技術も、お客様に届いて初めて真価が問われますよね。
これから取り組みたい研究はどんなことですか?

次世代の産業を支えられるような技術の開発を目指しています。キーワードは「省エネ対策」。
例えば太陽電池関連の技術開発や既存工場のエネルギーコストを低減させていく技術など・・・「省エネかつ高品質な空間を創る」ために必要な技術の構築が、当面の目標です。
今後も奮闘します。

─どうも有難うございました。
プロフィール

画像若山 恵英(わかやま よしひで)
技術センター 建築技術開発部 建築生産技術開発室 仕上システムチーム チームリーダー
1993年入社 工学博士

入社当初より高性能半導体向けクリーンルーム材料の開発に従事。これまでに「クリーンルーム用シール材」「超高性能エアーフィルタ」「クリーンルーム用長尺シート」「超低臭塗料(アグレスコート)」といった当社オリジナルのクリーンルーム内装材の開発を行ってきた。
また、近年ではフィルタの交換をせずに空気を常時供給可能な「化学汚染物質除去ユニット」の開発にも着手し既に実物件に適用をはじめている。

クリーンルーム用シール材

クリーンルーム用シール材

超高性能エアーフィルタ

超高性能エアーフィルタ

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

アグレスコート

超低臭を実現し分子汚染の発生をおさえた屋内用塗料「アグレスコート」

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

化学汚染物質除去ユニット

ケミカルフィルタ交換の必要も製造ラインも止める必要なし