ホーム - 大成の人×技術 - 設計本部設備Ⅲ群 統括グループリーダー 三宅 伸幸

画像

「必要な時に・必要な場所に・必要なだけ」エネルギーを賢く使うクリーンルームが誕生!

設計本部設備Ⅲ群 統括グループリーダー
三宅 伸幸

分野

食品, 医薬品

テーマ

空間創造, テクノロジー

─お客様のどのようなニーズを背景に、次世代型クリーンルーム「T-Smart Cleanroom」の開発はスタートしたのですか?

昨年の東日本大震災以後、生産施設を運営されるお客様から、高品質(グローバルスタンダードへの対応など)であることに加え、省エネ・節電やBCP(事業継続)への対応の構築や、すでに対応している施設をさらに強化したいというニーズが増えてきました。そこで、設計本部にて開発チームを立ち上げ、「安心」をキーワードとした高品質化やBCP対応技術、「エコ」をキーワードとした省エネや節電技術を軸としたソリューションを具現化する試みがスタートしました。
そのような取り組みの中、「T-SmartCleanroom」は誕生しました。

T-Smart Cleanroomの省エネ技術

T-Smart Cleanroomの省エネ技術(拡大)

─なぜクリーンルームに着目したのですか?

これまでのクリーンルームは、高機能な施設環境(清浄度や温熱環境・差圧の確保など)を追求するあまり空調や照明などに多大なエネルギーを消費してしまう傾向にありました。特に医薬品工場では、クリーンルーム内の稼働状況(生産機器の稼働状況や人の在・不在など)に関わらず空調を最大負荷に対応した能力で運転させているケースが多く、医薬品工場を設計する者として何とかしたいと皆で協議しました。

─従来のクリーンルームと比べて、どのようなメリットがあるのでしょう?

「T-Smart Cleanroom」は、生産工場としての高い品質の確保はもちろん、「安心」・「エコ」に対応する技術を組み合せ、最大60%以上の省エネ効果を実現するとともに、安定して生産を継続することができます。

─今回開発した、省エネ効果アップを支える技術について教えてください。

生産機器の稼働状況や人の在・不在の状況をリアルタイムに検知して把握し、状況に合わせて空調の風量や照明の照度を可変制御するシステムを開発しました。例えば、生産機器がフル稼働⇔予熱運転⇔停止のように運転状態が変化すると、生産機器からの発熱量も変化します。この生産機器の発熱状況に合わせて、空調の風量を製造環境を維持できる必要最小限に自動で可変制御します。また、クリーンルーム内の人の在・不在を検知し、照明の照度を最適制御します。

─「検知」して「制御」することがポイントなのですね。
例えば人検知については、具体的にどのような仕組みになっているのでしょう?

当システムは、既開発の「ゾーン環境制御技術(T-Zone Saver)」の技術をクリーンルームに最適化しています。T-Zone Saverとは、大成建設と東光電気株式会社が共同開発した「次世代型人検知センサー(T-Smart Focus)」で検知した人の在・不在状況に応じ、執務室などでゾーンごとに空調や照明を一体で自動制御する技術です。

T-Smart Focusと従来型センサーとの比較

T-Smart Focusと従来型センサーとの比較

─今後、どのように展開していきたいですか?

医薬品や食品工場だけでなく、半導体工場など生産施設に広く展開し、適用できる業界の幅を広げていきたいです。半導体工場では生産ラインの入れ替りが激しいので、クリーンルームにもフレキシビリティが求められており、このようなニーズを満たすクリーンルームの構築を目指して取り組んでいるところです。

─常に新しいアイデアが求められるのですね。
2012年 インターフェックスジャパンにて。「T-SmartCleanroom」の模型前でお客様に説明する三宅(中央)

2012年 インターフェックスジャパンにて。
「T-SmartCleanroom」の模型前でお客様に説明する三宅(中央)

お客様に求められる施設の特徴は千差万別ですので、様々なアイデアを出して具現化することは容易ではありません。しかし、お客様のニーズを引出し、形にしていくこと、そしてお客様に喜んでいただけた時の充足感は何にも代えがたく、それこそがものづくりの醍醐味です。
これからも良いものづくりを通して、お客様に役立つソリューションを提供してまいります。

─どうもありがとうございました。

(取材日 2012年8月1日)

プロフィール

画像三宅 伸幸
設計本部設備Ⅲ群 統括グループリーダー

一級建築士、建築設備士、設備設計一級建築士
東京都出身 1987年日本大学大学院理工学研究科卒。
大成建設株式会社に入社して約9年間、電磁環境関連の技術開発に従事。
1996年に設計本部設備設計配属。以降、一貫して医薬品・食品・電子デバイス等の生産系施設の設備(空調・衛生・電気)設計に従事。

パンフレットのご案内

各種パンフレットをご用意しております。

  • 「エコ」で「安心」な生産施設技術『T-Smart Cleanroom』
  • 大成建設の環境・省エネ技術『T-Zone Saver&T-Smart Focus』

ご請求は、下記「お問い合わせ/資料請求フォーム」よりお寄せください。
※請求されるパンフレットの名称を必ずご記入下さい。

※本コンテンツに記載された情報(役職、数値、固有名詞等)は初掲載時のものであり、
閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

T-Smart Cleanroom

省エネ・高品質・BCP(事業継続)にも対応!!「エコ」と「安心」を両立する次世代型クリーンルーム

画像

事例ライブラリ[ものづくりの施設]

T-Zone Saver/T-Smart Focus

「人」の“いる”“いない”を正確にキャッチ!確実に省エネ効果を上げる新システム。