ホーム - 特集 - 医療・福祉施設の地震対策 - 病院を稼働しながら地震対策

医療・福祉施設の地震対策 病院を稼働しながら地震対策

いざという時に頼りたいところ、それが病院です。それ故に、病院にはたとえ大きな地震に襲われても地域の人々を支えることの出来る備えが必要とされます。病院を新しく建て直すことができれば、建物として万全の対応をとることも可能です。しかし、建替えるには、病院敷地の問題や患者さんを移動するための病床確保など、様々な要因により容易にできるとは限りません。

地震時の免震建物の様子

地震時の免震建物の様子

そこで、現在お使いの建物の耐震性能を“飛躍的に向上”させる方法をご提案します。
しかも建物を“使いながら!”
24時間365日絶えることなく動き続ける建物を、稼動させながら免震補強(免震レトロフィット)した例はほとんどありません。

今回は、大成建設が地震対策について事業継続という視点から考える「耐震ネット」で、国内でも珍しい稼動中の病院が、免震レトロフィットを採用した実例を紹介させていただきます。

耐震ネット「こころの揺れをおさえる」会津中央病院の免震化への取り組み

関連記事

画像

事例ライブラリ[人のための施設]

財団法人 温知会 会津中央病院

施設を利用しながら震災への備えを行いたい。