ホーム - 特集 - 物流特集 - 大成建設の物流エンジニアリング 第1回 立体自動倉庫の地震対策

物流特集 大成建設の物流エンジニアリング 第1回 立体自動倉庫の地震対策

大成建設は40年以上にわたり、立体自動倉庫等の物流施設と建築設備とを一体としたエンジニアリングを行っており、数多くの実績を築いております。

今回の連載では、「物流設備の抱える問題とその解決策」をテーマに3回に亘ってご紹介いたします。
第1回目では、サプライチェーン全体への影響を最小限に留め、短時間で実施可能な「立体自動倉庫の地震対策」についてご紹介します。

地震による立体自動倉庫の停止は、企業活動に多大な影響を及ぼします

立体自動倉庫は、原料・資材の保管や中間製品の保管、製品の保管など、企業のサプライチェーンにおいて様々なシーンで利用されています。サプライチェーンの構成要素の一つである立体自動倉庫の機能が停止すると、企業活動に多大な影響を及ぼすことが懸念されます。
東日本大震災における立体自動倉庫の被害とその影響は、まだ記憶に新しいと思いますし、また、先日も北関東で「震度5弱」の地震が観測されました。高層の立体自動倉庫の場合、「震度5弱」程度から被害が発生すると考えられており、今、使用している立体自動倉庫への地震対策は、眼の前に迫った緊急の課題と言えます。

自動倉庫はサプライチェーンの一構成要素

自動倉庫はサプライチェーンの一構成要素

今、所有している立体自動倉庫の地震対策をどうすれば良い?

過去の地震による被害の特徴から、立体自動倉庫の地震対策では、まず何よりも荷物の落下を防ぐことが重要と言えます。その対策として、ソフトとハードの2つの側面からのアプローチが考えられます。ソフト面での対応は比較的容易に行えますが、その効果には限界があり、大きな効果を出すためにはハード面での対応が必要です。

新規に立体自動倉庫を建設するのであれば、「免震建屋」等の対策が考えられますが、既に建設されている立体自動倉庫を免震化することは不可能な場合があり、もし可能であっても大規模な改修が必要となりますので、稼働への影響も大きいことから、現実的な方法とは言えません。

大成建設では、開発した「ラック制震ユニット(仮称)」の導入を中心に、ハードとソフトの両面から、立体自動倉庫の地震対策を提案しております。

立体自動倉庫の地震対策

立体自動倉庫の地震対策(ハード(AとB)、ソフト(CとD)の対策)(拡大)

「ラック制震ユニット(仮称)」の特徴と導入効果

大成建設が開発した「ラック制震ユニット(仮称)」は、ラック上部に搭載するだけで地震による揺れを大幅に軽減し、荷の落下を防ぐことのできる制震装置です。容易に設置することができるため、既存の立体自動倉庫に対しても、格納物を極力動かすことなく、稼働への影響を最小限に留めて設置することが可能です。

画像

立体自動倉庫の設置されている立地の地盤や、地震による揺れ方にもよりますが、「震度6弱」程度の地震に対しても効果があることがシミュレーション上で検証されています。また、3軸振動台の実証実験においても同様の結果が出ています。

実証実験の様子

実証実験の様子

「導入効果シミュレーション」を行い、実際の効果を確認してから導入いただけます

立体自動倉庫の地震対策にはさまざまな方法がありますが、それぞれ「実際はどの程度の効果があるのか?」「どれくらいの地震に効果があるのか?」について不明瞭でした。「ラック制震ユニット(仮称)」の導入に際しては、検討対象の自動倉庫に対して「導入効果シミュレーション」を行い、その結果を検証して、地震に対する効果をご確認いただいた上で、導入いただけるフローとしております。

最後に、「ラック制震ユニット(仮称)」の開発から2年あまりが経過し、医薬品・食品業界を中心に採用される企業が増えてきております(サッポロビール株式会社様をはじめ約700台の導入実績/2014年11月時点)。この「ラック制震ユニット(仮称)」は、製品を製造・出荷するという社会的責任を担う企業において、対策期間中も機能を停めることなく、かつ、最小限の投資で立体自動倉庫からの荷の落下を抑えることに非常に有効です。サプライチェーンを中断させないための安全対策として、「ラック制震ユニット(仮称)」はその選択肢の一つとなると言えます。

サッポロビール株式会社 千葉工場に納入(2014年11月7日付けニュースリリース)

パンフレットのご案内

本記事でご紹介した、大成建設の立体自動倉庫地震対策「ラック制震ユニット(仮称)」について、パンフレットをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

ご請求は、下記「お問い合わせ/資料請求フォーム」よりお寄せください。
※請求されるパンフレットの名称を必ずご記入ください。

画像
  • パンフレット名「ラック制震ユニット」

【内容】

  • ラック制震ユニット(仮称)の特徴
  • 制震効果のグラフ
  • 導入までのプロセス
  • 自動倉庫高と地震規模に応じた地震対策例

関連記事

画像

特集 物流特集 大成建設の物流エンジニアリング

第3回 将来も有効活用できる物流施設の計画ポイント

画像

特集 物流特集 大成建設の物流エンジニアリング

第2回 施設再生の可能性を探る!大成建設の「物流施設リニューアルコンサルティング」