ホーム - 特集 - 食品工場特集 - “将来のあるべき姿”を見据えた工場再構築を実現!─大成建設の食品工場コンサルティング─

食品工場特集 “将来のあるべき姿”を見据えた工場再構築を実現!─大成建設の食品工場コンサルティング─

既存工場の課題が見えているのに、どうしたらいいかお悩みではありませんか?

最近、食品企業様へお伺いした際によくご相談いただくことは、「うちの工場はこういった課題があるのはわかっているけど、具体的にどうしたらよいかわからない」といったお悩みごとです。
築30年以上を経た食品工場の多くは、建物・設備の老朽化が進行している他、生産増量や生産品目の変更の際に、無理に生産ラインを空スペースに設置したり、既存の工場を増改築したことで、

  • 適正な動線がくずれる
  • 衛生上の清浄度区分に問題が生じる
  • 省人化ができず生産性が低くなる

などの課題を抱えてしまうケースが多く見受けられます。

食品企業様の主な課題

  1. 工場の老朽化
  2. 衛生上問題が多い(HACCP対応、フードディフェンス・・・)
  3. 生産性が低くコストダウンが難しい(最適ライン動線、在庫最小化、省エネルギー・・・)
  4. 雇用の確保が難しい(自動化による省人化、魅力的な労働環境・・・)
  5. 物流コストが高い(物流拠点・輸送コントロール・在庫配置・運営組織の最適化・・・)

理想的な工場再構築のキモは、“将来を見据えた”基本計画です!

さまざまな課題を解決するために食品工場をリニューアルする、または新築する際のプロジェクト全体の流れは下図のフローとなります。

エンジニアリングフロー

ここで重要なのは、いきなり機器の配置や詳細な設計に入るのではなく、お客様の将来を見据え、今後の“あるべき姿”(マスタープラン)を構築するために基本計画を入念に立案することです。
基本計画では具体的に、コンセプトや生産品目・生産量、稼働時間、必要諸室の面積や条件などの計画条件を整理し、コストの検討を行います。

この基本計画の内容は、お客様の将来を左右し得るほど重要です。
なぜなら、基本計画で企業全体における当該施設の位置づけや目指すべき方向性が明確になっていないと、その後更に計画を進めるうちに異なる見解が発生し、計画そのものが進まなくなってしまう可能性が高いからです。

食品工場に精通した、大成建設のコンサルティングチーム

お客様が基本計画の立案を独自で行うケースもありますが、食品工場の建設や物流に関する専門知識が十分でない場合、予想以上に時間や労力がかかるうえに、最適な計画を立案・検証することはとても困難です。

大成建設では、食品工場を専門とするエンジニアリングマネージャーが中心となり、食品工場エンジニアリング担当、ロジスティクスエンジニアリング担当、建築設計担当がプロジェクトチームを組んでコンサルティングを行います。生産設備・ロジスティクス・建築それぞれの計画を一体で進めることで、お客様の将来を見据えた最適案を、数パターンの計画案の中からスムーズに絞り込むことができます。
お客様とともに完成した基本計画は、その後の設計・施工パートナーを選定するための入札要項を作成する際の資料としても活用できます。

コンサルティング体制

コンサルティング費用の目安:300〜600万円
(食品工場の規模やロジスティクスコンサルティングの実施有無により異なります)

工場再構築コンサルティングの基本手順

基本計画の立案から、お客様の今後のあるべき姿(マスタープラン)を作成する手順は、大きく3ステップ(およそ4〜6ヵ月の期間)で行います。

食品工場再構築コンサルティングの基本手順

まず、既存工場の現状把握をさせていただき、お客様から課題やニーズをヒアリングいたします。
次に、コンセプトや計画条件を決定し、複数の再構築案を作成します。そのうえで比較評価、再構築案の絞り込みを行い、最適案についてレイアウトを作成します。
さらに、法規チェックやスケジュールの作成、概算金額の検討などを行い、マスタープランを完成させます。

基本計画案の比較・検討例

基本計画案の比較・検討例

大成建設の食品工場コンサルティングチームは、食品エンジニアリングの40年以上の歴史とともに、食品施設の特性を熟知し、技術とノウハウを常に進化させ、業界トップシェアの実績を築いてまいりました。
食品企業様のプロジェクトチームと一体となり、将来の計画を含めたマスタープランを作成することで、お客様の今後の工場再構築を具現化するお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

大成建設の食品工場再構築の実績例

画像

道南食品株式会社

「既存建物の劣化」「作業生産性の低下」「増築スペースがない」という問題を解消したい。

画像

株式会社マルモ青木味噌醤油醸造場

美味しさへの追求を信条に!!衛生管理を強化した生産体制を構築したい。

画像

ヒガシマル醤油株式会社 平成西工場

生産体制を再構築し、液体調味料の新工場を建設したい。

「大成建設の食品施設エンジニアリング」総合パンフレット

画像食品施設のさまざまな課題を解決するための豊富なメニューを、多くの実績とともにご紹介しております。
この機会にぜひ、お問い合わせください。

ご請求は、下記「お問い合わせ/資料請求フォーム」よりお寄せください。
※請求されるパンフレットの名称を必ずご記入ください。

  • パンフレット名「食品施設エンジニアリング」