ホーム - 特集 - FM(ファシリティマネジメント)特集 - コンセプトプランニング 第1回 どんな施設をお望みですか?お客様の潜在ニーズを引き出し、物語に...

FM(ファシリティマネジメント)特集 コンセプトプランニング 第1回 どんな施設をお望みですか?お客様の潜在ニーズを引き出し、物語にする手法

「ユーザーの満足度」と「費用対効果」の高い施設にするには

画像 新たに建物をつくる、あるいは旧くなった建物をリニューアルして、ユーザーの満足度と費用対効果の高い施設を実現するためには、お客様ご自身が、「どのようなニーズを持っていて、どんな目的を達成したいのか」ということを明確にし、その思いや要求条件を設計者と共有したうえで、具体的なプランニングに反映していくことが不可欠です。

しかしながら、“目指す施設のかたち”を具体的にイメージすること、その内容を設計者にわかりやすく伝えることは容易ではありません。
自分の思いや要求がはっきりしていない状況で設計者から提出された案(図面など)を見てしまうと、そのイメージにとらわれてしまい、本当につくりたい施設のあり方を追求できないまま、プロジェクトを進めてしまうことになります。

まずは“ニーズの掘り起こし”から!

画像 満足して長く使える施設を計画するためには、お客様のニーズを把握することはもちろん、お客様が潜在意識の中でお持ちのニーズを掘り起こして整理することが大切です。そのためにはお客様に、施設の広さや形状、使用する材料など表面的なスペックにとどまらず、例えば「将来的に施設でできるようにしたいこと」、「つくりたい雰囲気」など、多角的に理想のかたちをイメージしてもらう必要があります。
また、経営者・部門マネージャ・担当者・ビル管理者・来訪者など、各ユーザーの立場からさまざまな視点で意見を出し合ってもらうことが、ユーザー満足度の高い施設づくりへの第一歩です。

潜在意識下にあるニーズを引き出し、物語にする手法

大成建設では、お客様の潜在ニーズや思いを引き出し、より理想に近い施設計画へと反映するため、ブリーフィング/プログラミング手法を活かし独自に編み出した大成ブリーフィング手法「コンセプトプランニング」を展開しています。2014年4月時点で約30件の実績を構築しています。

本手法のアウトプットの一つとしては、例えて言えば、新しい施設を演劇の舞台に見立ててお客様とともに新しく生まれる施設、新しく生まれ変わる施設で展開される生活、仕事などの様々なシーンを想定し、そのイメージを分かりやすい物語(ストーリー)として表現していくもので、あらゆる用途の施設で活用できます。施設を舞台にした物語のシナリオをつくりながら、コンセプトを組み立てていく、いわば脚本づくりと言えます。
そうして完成した脚本を、設計者という「監督」に渡して「理想の作品」に仕上げていくことで、新しい施設を舞台に活躍するお客様ひとりひとりの満足度の高い施設づくりがスムーズに行えます。

※ブリーフィング/プログラミング 解説

施設の目標、要求条件や制約条件を整理して文章にすることを、ブリーフィング/プログラミングと呼び、作成された文書をブリーフ/プログラムと呼びます。

画像ブリーフは主に3つの内容で構成されます。

  1. 「目標」
    企業・団体として目指すゴールを明確にし、そのために必要な方針をコンセプトとしてまとめます。
  2. 「要求条件」
    発注者や施設利用者の思い・ニーズ・課題などを施設計画に反映させるための条件としてまとめます。
  3. 「制約条件」
    経済的・物理的・法的また時間的に制約となる条件を具現化します。

3つの内容のうち、「制約条件」は設計者がある程度まとめることができますが、「目標」と「要求条件」は、発注者の皆さまが設計者に文書などでわかりやすく伝えることが大切です。

主人公はお客様。施設づくりの物語は、4つの章で構成されます。
大成ブリーフィング手法「コンセプトプランニング」のプロセスは、以下の4章で構成されており、お客様と設計者がともに理解できるブリーフ(設計与条件書)を作成することで、ブレのない施設づくりを実現します。

  • 第1章 ニーズの顕在化:大成建設のオリジナルインタビュー手法「T-PALET」による個別インタビューを実施
  • 第2章 方針の検討:チームディスカッション・課題の整理・課題の共有
  • 第3章 方針の確立:要求条件整理・シーンのストーリー(物語)化
  • 第4章 ブリーフの完成:目標の明確化・コンセプト構築・要求条件と制約条件の明文化

画像

次号では、本手法を実際に活用した事例とともに、さらに詳しくご紹介いたします。
ご期待ください。

パンフレットのご案内

画像本記事でご紹介した内容について、パンフレットをご用意しております。お気軽にお問合せください。

ご請求は、下記「お問い合わせ/資料請求フォーム」よりお寄せください。
※請求されるパンフレットの名称を必ずご記入ください。

  • パンフレット名「コンセプトプランニング」

関連記事

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 コンセプトプラニング

第4回 コンセプトプランニングの採用事例─病院編

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 コンセプトプラニング

第3回 コンセプトプランニングの採用事例─アミューズメント施設編

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 コンセプトプランニング

第2回 コンセプトプランニングの採用事例─オフィス編