ホーム - 特集 - FM(ファシリティマネジメント)特集 - 目指せ!オフィスのバリューアップ! 第6回 “みんながいきいきとするオフィス”の集...

FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ! 第6回 “みんながいきいきとするオフィス”の集大成 大成札幌ビル

大成札幌ビル

大成札幌ビル

特集、「目指せ!オフィスのバリューアップ」。
第6回は、当社の札幌支店 大成札幌ビル をご紹介します。

オフィスをバリューアップするためのキーワードとして、これまで4つご紹介してきました。
大成札幌ビルではこのキーワードを集大成し、当社の経営理念である「人がいきいきとする環境を創造する」を具現化した最先端のビルとして2006年に竣工しました。
今回は、大成札幌ビルでの取り組みを、4つのキーワードに沿ってご紹介します。

きっかけは十勝沖地震

旧札幌支店

旧札幌支店

2003年9月26日、マグニチュード8.0の地震が北海道を襲いました。札幌市内では震度4、余震も最大で震度4を観測しました。当時竣工して40年以上経過していた旧札幌支店では、一部の壁に亀裂が発生するほど建物が大きく揺れました。更に2004年9月8日の平成16年台風第18号では、瞬間最大風速50.2mを観測し、「建物が大きく揺れた」と当時の支店従業員が話してくれました。これらの体験から支店ビルに対する不安が社員にひろがり、この時から札幌支店の建替え計画が事実上スタートしました。

1 2 3 4 5 6