ホーム - 特集 - FM(ファシリティマネジメント)特集 - 目指せ!オフィスのバリューアップ! 第1回 “オフィスのバリューアップ”とは

FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ! 第1回 “オフィスのバリューアップ”とは

「みんながいきいきとするオフィス」=バリューアップ

画像オフィスの「バリューアップ」とは、経営者や社員を問わず、そのオフィスに関わる「みんながいきいきとするオフィス」づくりにほかなりません。
そのためには、立場の異なる方々のオフィスに対するニーズや思いを幅広く把握し、顕在化した課題を

  • コストダウンを意識したオフィス
  • 環境に配慮したオフィス
  • ワーカーのモチベーションを向上させるオフィス
  • 災害時に事業継続可能なオフィス

など様々な視点で整理し、みんなが「HAPPY」になるような解決策を発見することが大切です。

それでは、一般にどのようなニーズや思いがあるのでしょうか?

「オフィスのニーズ」は、千差万別

施設利用者の満足度を調査する手法に「T-PALET」(大成建設個別インタビュー手法)があり、多くのお客様にご利用頂いています。その中から実際にお客様にお聞きしたニーズや思いをいくつかピックアップしてみました。みなさんのオフィスにはあてはまるものはありますか?

画像

画像

画像

「ファシリティマネジメント」で多様なニーズをコーディネート

このように、立場や業務の違いから思い思いのニーズが生まれます。
しかし限られた時間と予算の中ですべてのニーズに対応することは、非常に困難です。

大切なことは、それぞれのニーズを公平に同じ土俵に並べ、

  • 経営戦略上重要なこと
  • 利用者にとって重要なこと
  • 共通した課題で相乗効果が高いこと
  • 即応でき、コストがかからないこと

などあらゆる視点から課題を抽出・整理して対策を検討し、その優先順位を決めていくことです。
ファシリティマネジメント」を活用することで「みんながいきいきとするオフィス」を実現します。

ファシリティマネジメントの流れ

ファシリティマネジメントの流れ(拡大)

「ファシリティ戦略」がオフィスの運命を決める

ファシリティマネジメントと一般的な施設管理との大きな違いは「戦略」に基づいているかどうかです。
一般的な施設管理では、空調が壊れたので修理する、部署が統合したので机を増やすなど、その場、その場の対応になりがちです。

一方、ファシリティマネジメントは経営戦略を踏まえた上で、組織全体のファシリティを総合的に把握し、ファシリティを最適に活用することで、収益に貢献することをねらいとしています。

次号からは、現在、企業の経営戦略を考える上で欠かすことのできない下記のキーワードについて、ファシリティマネジメントの活用によりどのように効果が上がるかをご紹介してまいります。

  • キーワード1:コストダウン
  • キーワード2:環境・省エネ対策
  • キーワード3:モチベーションアップ
  • キーワード4:災害対策

コラム:オフィスは料理、ファシリティマネジメントはレシピ、ファシリティマネジャーは腕のいい料理人

画像ファシリティマネジメントは、「オフィス」という料理の作り方を書いたレシピに似ています。どんな料理を作るか、それにはどんな材料が必要か。どの順番で調理し、味付けは?甘すぎてもだめ、しょっぱくてもだめ、それぞれが適切な量で全体の調和が取れるのです。

お客様全員に「おいしかった」と言ってもらいたい。
そのためには、お客様は何が好みで何が嫌いなのか。彼らの「真のニーズ」を紐解くことが、一番の近道です。

ファシリティマネジメントで、みんなが「おいしい!」と言ってくれるオフィスをつくりましょう!

関連記事

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ!

第6回 “みんながいきいきとするオフィス”の集大成 大成札幌ビル

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ!

第5回 バリューアップのキーワード“オフィスリスクのマネジメント”

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ!

第4回 バリューアップのキーワード“モチベーション”

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ!

第3回 バリューアップのキーワード“環境・省エネ対策”

画像

特集 FM(ファシリティマネジメント)特集 目指せ!オフィスのバリューアップ!

第2回 バリューアップのキーワード“コストダウン”