ホーム - 特集 - データセンター特集 - 三菱商事株式会社様 MCC三鷹ビル サウス棟 最新鋭の都市型データセンターを建設したい。

データセンター特集 三菱商事株式会社様 MCC三鷹ビル サウス棟 最新鋭の都市型データセンターを建設したい。

お困りごと

今後もデータセンター事業を拡充していくため、利用者の多様で高度なニーズに応える最新鋭の都市型データセンターを建設したい。

成功事例

三菱商事株式会社様は東京の三鷹市に、都内で2棟目となる新データセンター「MCC三鷹ビル サウス棟」を大成建設の設計・施工で建設し、2013年10月よりサービスを開始されています。

画像

「直接外気冷房システム」を採用した都市型データセンター「MCC三鷹ビル サウス棟」は、最新鋭のソリューションによって、高い耐災害性・安全性を確保することはもちろん、データセンター利用者の多様で高度なニーズにも応える柔軟性と、高水準な環境性能を実現しました。
同じ敷地には、既存のデータセンター「MCC三鷹ビルノース棟」が隣接しており、2棟を併せた総延床面積は約40,000m2と、都心近郊で有数の規模を誇ります。

三菱商事株式会社
ITサービス事業本部 ITサービス事業企画部 ITO事業チームリーダー 小川 浩史 様

画像「MCC三鷹ビル サウス棟」の計画では、データセンターとして最新のスペックを保有することはもちろん、高い耐災害性、安全性を確保することを目指しました。さらに、高レベルな環境性能とお客様の多様なニーズに対応できる柔軟性を追求する一方、高いコストパフォーマンスを実現するデータセンターの構築を目指しました。

数社によるコンペを行ったうえで大成建設をパートナーに選んだ理由として、工期や収納ラック数など様々な要求事項を単に満たしただけでなく、外気冷房システムなど一層踏み込んだ提案をしていただいたこと、また、大成建設は外気冷房システムの実績を有していたため、安心して採用することができたこと等が挙げられます。

1 2