ホーム - 特集 - データセンター特集 - ほくでん情報テクノロジー株式会社様 H-IXデータセンター 既存データセンターの未実装フロアを、新たに設備を実装して運用開始したい...

データセンター特集 ほくでん情報テクノロジー株式会社様 H-IXデータセンター 既存データセンターの未実装フロアを、新たに設備を実装して運用開始したい。「省エネ・CO2削減」「IT機器冷却効率アップ」などを最適化したい。

お困りごと

BCP(事業継続)や災害対策の一環としてデータセンター利用を計画する企業が増えており、既存データセンターの未実装フロアの設備を実装して多くのニーズに応えたい。
「省エネ・CO2削減」「IT機器冷却効率アップ」などを最適化する提案をしてほしい。

成功事例

北海道電力グループのほくでん情報テクノロジー株式会社様は、2001年から札幌市内でデータセンター事業を開始し、「H-IX(北海道インターネット・エクスチェンジ)データセンター」を運用されています。
H-IXデータセンターでは、すでに実装された1階のサーバルームを中心に事業を展開されていますが、近年のBCPや災害対策への関心の高まりから、データセンターを利用する企業が増えていることを背景に、未実装の2階をデータセンター化することを検討されていました。

H-IXグリーンフロア

H-IXグリーンフロア(拡大)

大成建設は「既存建物の特徴(構造や形状など)を最大限に活かし、ほくでん情報テクノロジー様のご要望に応えるためにはどうすべきか?」という視点で様々なソリューションを検討しました。
その結果、冷涼な外気を間接的に利用する「間接外気冷房システム」を導入し、サーバルームの空調効率を高めるレイアウトを採用することをご提案。それぞれのソリューションが組み合わさり相乗効果をもたらすことで、完成した新フロアでは

  • 年間総合40%以上のCO2削減
  • 年間平均でPUE1.4以下

などの効果を見込め、ランニングコストの抑制にもつながります。

※PUE(Power Usage Effectiveness)とは、データセンターのエネルギー効率をあらわす指標の1つ。値が1.0に近づくほど効率がよく、一般的に値が2.0を切ると効率がよいとされる。

1 2