ホーム - 特集 - データセンター特集 - エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第4回 クラウド時代に求められるデータセンターの新しい形(ネスト・クラ...

データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第4回 クラウド時代に求められるデータセンターの新しい形(ネスト・クラウド その2)

前回の記事では、データセンターのモジュール化の動きをご紹介しました。今回は、大成建設が提案する次世代データセンターのコンセプトモデル「ネスト・クラウド」について説明します。

データセンターのモジュール化を進展させた究極の形が、コンテナ型データセンターです。アメリカでは大量のコンテナを並べたデータセンターの構築例が見られますが、敷地面積が限られる日本の場合は、縦積みタイプになると考えられます。日本では地震も多く、通常データセンターは免震構造で造りますが、同じ床面積の場合、建築面積(平面面積)が小さい方が免震装置の個数が少なく済み、縦積みタイプの方が有利です。

米国版コンテナ型データセンターと日本版コンテナ型データセンター

米国版コンテナ型データセンターと日本版コンテナ型データセンター

ネスト・クラウドの外観

ネスト・クラウドの外観

また、日本では法規上、屋外にコンテナ型データセンターを並べることが難しく、天候による影響を回避するという面からも、建物内に収容することが必要となります。この考えに基づいて開発したモデルが「ネスト・クラウド」です。

ネストクラウドは、「受変電・エネルギー棟」、「ユニット棟」、「搬出入クレーン」の3つで構成されています。

「受変電・エネルギー棟」には、受変電、UPS、非常用発電機、空調熱源など、サーバーの稼働と冷却に必要な設備が置かれます。

「ユニット棟」は、コンテナなどのユニットを収容する棟で、エレベーター、階段、廊下を使ってアプローチできるようになっています。壁にはユニットを出し入れするためシャッターがあり、搬出入の時だけ開放されます。背面側には、大型パイプシャフトがあり、電源、ネットワーク、水などの配線・配管がなされています。

「搬出入クレーン」は、ユニットを搬出入するもので、レールや仮置き台などを持ったネスト・クラウドのために特別に製作された装置です。

ネスト・クラウドの構成

ネスト・クラウドの構成

ユニットの搬入手順は次のようになります。まず、トラックが搬出入クレーンに横付けされ、ユニットが吊り上げられ仮置き台に置かれます。次に、クレーンが所定の位置まで移動し、建物のシャッターが開けられます。開口部に向かってユニットを横引きし、建物内の廊下を横断して所定の位置に設置されます。背面の大型パイプシャフトにある電源、通信、水/冷媒の配線・配管を接続すれば完了です。

ユニットの搬入手順

ユニットの搬入手順

ネスト・クラウドには次のような特徴があります。

1.スペースの有効活用

  • 縦積み方式により、敷地を有効活用できます
  • 高密度実装により、サーバー室の面積を削減できます(従来比マイナス70%)
  • 階高の抑制が可能となります

2.拡張性と柔軟性

  • 必要な時に必要な数だけユニットを搬入することで、容易にサーバー室を拡張できます
  • ユニットの置き換えにより、データセンターとして常に最先端の性能を確保できます
  • ユニットが移動できます。サーバー室の再配置も短時間でスムーズに行えます

3.優れた環境性能

  • 建物がコンパクトになり配管、配線が削減できます。エネルギーの搬送ロスも少なくなります
  • ユニット内の小空間で排熱処理を行うため、空調効率が高まります
  • コンテナやプレハブを再利用できます

4.工期短縮・リスク低減

  • ユニットが工場で生産されるため、工事期間が短縮され早期にサービスを開始できます
  • 現場工事が最小化され、振動、騒音、塵埃が大幅にカットされます。安全性も高まります
  • 設備がブロック化されており、増設や改修による既存のIT機器へのリスクを極小化できます

ネスト・クラウドに収容できるユニットは、コンテナ型データセンターのほかに様々なバリエーションが考えられます。コンテナに無停電電源装置を搭載したUPSユニット、作業用スペースとしての事務室ユニットなどがその例です。また、ISO規格のコンテナ以外にも、空間モジュールを壁、床、天井で囲んだ工場生産のプレハブ型ユニットも対象となります。

ネスト・クラウドのユニット

ネスト・クラウドのユニット

最後に日本におけるコンテナ型データセンターの普及に向けて、現段階での課題を挙げます。

1.建築基準法や消防法など日本の法規との詳細部分における適合性

2.国内データセンター事業者のビジネスモデルとの親和性

3.コンテナ型固有の技術的課題の抽出と解決

  • トレードオフの関係になりがちなフレキシビリティと堅牢性の両立
  • セキュリティ対策
  • 停電時の内部温度の上昇 など

大成建設は、これまで最新技術を組み込んだ数多くのデータセンターを建設してきました。引き続き、お客様のニーズを満足するデータセンターを構築して行くと共に、新しいバリエーションとして、ネスト・クラウドのようなコンテナに対応したデータセンターの検討を進めて行きます。

さて、4回シリーズで解説してきました特集「エコ&クラウド時代のデータセンターの姿」はいかがでしたか。データセンターを取り巻く状況は日々刻々と変化しています。
データセンターの計画段階からデータセンター内部で起こる様々な現象をリアルスケールで確認していただけるシミュレーションシステムや3次元床免震システムなどデータセンターを守る技術も様々ご用意しています。

大成建設では地球環境に優しい次世代のデータセンターづくりを目指しています。これからも最新動向をフォローし、新技術の開発とノウハウの蓄積を行っていく所存です。
ご希望の方には、ソリューション集『nest(地球と地域に優しい次世代データセンター)』を差し上げます。「お問い合わせ/資料請求」をクリックしていただき「nestパンフレット希望」とご記入いただきお申し込み下さい。

関連記事

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第3回 データセンターのモジュール化の動き(ネスト・クラウド その1)

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第2回 大地震からデータセンターを守る“3次元床免震システム”

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第1回 さらに進化!バーチャルリアリティを使ったシミュレーション(ネストVR2009)