ホーム - 特集 - データセンター特集 - エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第3回 データセンターのモジュール化の動き(ネスト・クラウド その1)

データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第3回 データセンターのモジュール化の動き(ネスト・クラウド その1)

クラウドコンピューティングの普及に伴い、米国を中心とした海外では大規模なデータセンターの建設が進められています。その中でキーとなるのが、モジュール化の考え方です。
データセンターのサーバー室には、ラック、電源、空調、防災、防犯などの設備が必要です。これまでは大きな空間の中に、それぞれの設備を実装する方法が一般的でしたが、最近になって、これらをモジュール化して展開する方法が見られるようになりました。モジュールは、ユニットやポッドと呼ばれることもあります。

ラック、ラック間空調機、キャッピングを組み合わせたモジュール化のイメージ

ラック、ラック間空調機、キャッピングを組み合わせたモジュール化のイメージ

モジュール化によるメリットは、必要な時に必要な数のユニットを設置することで、データセンターの最適化を図ることができ、過剰な設備投資を防ぐことができる点にあります。また、各モジュールをシステム的に独立させることが可能となり、増設に伴う障害発生のリスクを極小化できます。

コンテナ型データセンター

コンテナ型データセンター

このモジュール化の考えを更に推し進めたものが、コンテナ型データセンターです。

コンテナ型データセンターは、2007年頃から米国でいくつかの製品が登場し、2008年にはサン・マイクロシステムズが日本で初めて販売を開始しました。ISO規格の輸送用コンテナの中に、サーバーラック、電源・通信配線、空調設備、消火設備を組み込んだコンテナ型データセンターは、従来型のデータセンターと比べて、少ない初期投資、短い構築期間、省スペース、高い空調効率、移動が可能といった特徴を持っています。

いま、クラウドコンピューティングの普及とともに、コンテナ型データセンターへの注目度が高まっています。米国では大量のコンテナを導入したデータセンターが作られています。

なぜ今コンテナを使ったデータセンターが増えているのでしょうか?

それは、クラウドコンピューティングの特徴であるリソースの自由性に起因していると分析しています。クラウドコンピューティングは、情報システムの「所有から利用へ」の流れを具現化するもので、ユーザーがクラウド(雲)の中にあるコンピュータ・リソース(資源)をネットワークを介して、必要な時に必要な分だけ自由に利用できるという形態です。

クラウドコンピューティング概念図

クラウドコンピューティング概念図

サーバーやストレージなどのハードウェア、OS、アプリケーション、ネットワークなどのリソースが尽きることは許されず、高い拡張性と柔軟性が求められます。近年は、サービスの基盤であるデータセンターも重要なリソースとして位置付けられるようになりつつあり、同じような機能が求められます。
そのため、データセンターを新設する際も、従来のように大空間のサーバー室を構築するより、コンテナを必要に応じて適宜、配置して行く方が、拡張性や柔軟性が高いことは明らかです。加えて、導入期間の短縮や省スペース、高効率空調によるCO2削減といった利点もあり、今後ますます普及が予測されます。

アメリカのコンテナ型データセンターのイメージ

アメリカのコンテナ型データセンターのイメージ

米国では、広大な敷地に100を超えるコンテナを並べたデータセンターの事例が見られます。しかし、日本では屋外にコンテナ型データセンターを並べることは、法規上難しく、一工夫しなければなりません。

今後、日本でもコンテナ型データセンターが普及することを見据え、大成建設では「ネスト・クラウド」という新しい施設コンセプトを提案しています。これは、用地が限られ土地代が高い日本においてコンテナ型データセンターを設置するための建物・設備を示したものです。法規のクリアはもちろん、敷地を有効活用するためにコンテナを縦積み可能にした施設であり、日本版コンテナ型(ユニット型)データセンターと言えます。

コンテナ+フレーム=ネスト・クラウド

コンテナ+フレーム=ネスト・クラウド

次回は、「ネスト・クラウド」の構成・機能についてご説明します。

関連記事

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第4回 クラウド時代に求められるデータセンターの新しい形(ネスト・クラウド その2)

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第2回 大地震からデータセンターを守る“3次元床免震システム”

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第1回 さらに進化!バーチャルリアリティを使ったシミュレーション(ネストVR2009)