ホーム - 特集 - データセンター特集 - エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第1回 さらに進化!バーチャルリアリティを使ったシミュレーション(ネス...

データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿 第1回 さらに進化!バーチャルリアリティを使ったシミュレーション(ネストVR2009)

大成建設の次世代型データセンター・ソリューション:「nest」

大成建設では、次世代型データセンター構築の柱として、「nest」(Next generation Environmental Solutions from TAISEI Corporation)をコンセプトに掲げ、時代の変化に対応したデータセンターを追求し続けています。

「nest」

「nest」

「nest」では、次世代型データセンター構築に必要なソリューションを皆様にお届けします。availability、efficiency、flexibility、redundancy、reliability、sustainabilityといった性能群から生まれる<省電力><空調システムの効率化><地球環境への配慮><環境負荷低減><リスク対策><免震技術><立地選定><建物設備の最適化>等
データセンター構築に欠かすことの出来ない大成建設のデータセンター・ソリューションをお客様にご提供致します。

データセンター計画段階に必要な可視化技術:「ネストVR2009」

データセンターの計画段階においては一般のオフィス計画と同様に関係者間での各種調整が頻繁に行われます。オフィス計画との大きな違いは主役が「サーバー」であるということです。
精密かつ高発熱・高集積であるサーバーを守るために最適な施設計画を進めていく必要があります。ペーパーや画像等の2次元情報を用いて関係者の皆様に計画をご理解頂くことは無理なことではありません。

しかし、皆様に計画内容を正確にご理解頂くとともに確実な合意形成を行うためには

  • 3次元空間上に未完成な建物や室内空間を見せる技術
  • 目には見えない室内環境を解析した結果を融合して表示する技術

これらの優れた“可視化技術”が必要と考えます。

また計画の過程において模型やモックアップによる実験を行うこともあります。しかし何度も検討を繰り返すことを考えると、できるだけ容易に変更が行える仕組みが必要です。

大成建設のバーチャルリアリティ技術

大成建設のバーチャルリアリティ技術

大成建設のバーチャルリアリティ(VR)技術では3次元空間に建物等を正確に表現でき、建物形状等の変更にも容易に対応できます。さらに室内空間の条件に合わせた環境解析結果も繰り返しご覧頂けます。

今回ご紹介するバーチャルリアリティ(VR)を活用したデータセンターのシミュレーション「ネストVR2009」は、データセンターの計画段階からデータセンター内部で起こる様々な現象をリアルスケールで確認して頂ける「高度な可視化力」と「解析力」の融合ソリューションです。

ネストVR2009・ソリューション

サーバー室内の冷却効率を向上:「空調シミュレーション」
サーバー室内の空調シミュレーション

サーバー室内の空調シミュレーション

サーバー室内の空調シミュレーションでは

  • 図面情報をもとに細部まで正確に表現したサーバー室内空間
  • 空調機からの冷風、サーバーからの排熱の気流シミュレーション結果
  • 任意の断面におけるサーバー室内の温度分布

上記の内容の可視化を実現しサーバー室内の“空調システムの最適化”を探りつつ“冷却効率向上”を目指します。

ホットアイル・キャッピングシミュレーション

ホットアイル・キャッピングシミュレーション

サーバーの高密度化・高機能化は今後更に進化する傾向にあり、空調効率に優れたデータセンターをご提供していく上で新たな仕組みを考えつつ、その機能について検証していく必要があります。

例えば、サーバーラック周辺を囲い込むキャッピングは、サーバーからの排熱と空調機からの冷風が混ざることによる冷却効率低下を防止し、高排熱のサーバーやサーバーラックの設置を可能にします。キャッピングタイプとして、コールドアイルを囲むように壁を設けるコールドアイル・キャッピング、同様にホットアイルを壁で囲むホットアイル・キャッピングなどがあります。

大成建設のVRでは、これらキャッピングなどの新たな空調関連技術についても、VRを用いてその効果の検証結果をご覧頂けます。

地震被害への対策を検討:「免震シミュレーション」

最近建設されるデータセンターにおいて免震機能は標準装備になりつつあります。
免震装置を設置することにより建物の揺れを長周期化し建物の応答加速度を低減することができる為、被害を最小限に抑えることが可能となります。

大成建設では免震機能の有無によって大地震によるデータセンターの被害がどの程度違ってくるものかを皆さんに知っていただく必要があると考え「免震シミュレーション」を構築致しました。
免震シミュレーションでは免震構造のデータセンターに対し免震効果のシミュレーションを行います。そのシミュレーション結果をもとにサーバールームの揺れ具合をVRにて再現します。

免震シミュレーション

免震シミュレーション

大成建設のVRでは2画面での分割表示が可能です。免震シミュレーションではこの機能を用いて免震構造と非免震構造の2つのデータセンターが大地震時にどのような揺れ方をするか、比較表示することで違いを体感して頂けるのです。免震機能があることにより、大地震からサーバー機器や貴重な情報を守ることができることをご理解頂けることと思います。

また次回ご紹介予定の3次元免震システムを採用した場合のシミュレーションも可能であり、上下方向の揺れ具合がどの程度長周期化するかも体感できます。

ネストVR2009では、大成建設の可視化技術を活用し、今後もデータセンター計画に有益なソリューションを考えて参ります。

関連記事

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第4回 クラウド時代に求められるデータセンターの新しい形(ネスト・クラウド その2)

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第3回 データセンターのモジュール化の動き(ネスト・クラウド その1)

画像

特集 データセンター特集 エコ&クラウド時代のデータセンターの姿

第2回 大地震からデータセンターを守る“3次元床免震システム”