ホーム - 特集 - データセンター特集 - 環境配慮型データセンターの潮流と技術 第1回 発熱に対する総合的な検討

データセンター特集 環境配慮型データセンターの潮流と技術 第1回 発熱に対する総合的な検討

画像データセンターとは、大量のコンピュータ・サーバーを収容するために設計された専用の建物です。
コンピュータを安定して連続稼働させるために、停電時に備え複数の大型発電機やバッテリーを備えたり、雷による異常電圧への対策、セキュリティの確保、建物の免震化を施すなど、様々な機能を建物に持たせる必要があります。

近年、特に首都圏においてデータセンターの需要が急増していますが、データセンターは技術的に高度な施設であり、要求条件に合ったセンターが十分に供給されていないのが実情です。

このデータセンターに収容されるコンピュータも、最近では高機能なブレードサーバーと呼ばれるものが増え、小型化に伴う集積度の向上により、高機能データセンターの使用電力量は、一般オフィスの10倍以上となっています。

一方、コンピュータを冷やす空調の能力も高いものが要求され、空調機が消費する電力も増え続けています。

ラック当たりの発熱量の変化

ラック当たりの発熱量の変化(拡大)

従来は、必要電気量の増大⇒発熱量の増大⇒空調設備の増強という流れがありましたが、今では単なる設備の増強だけでは対応できないほど、発熱の量は増え問題は深刻化しています。

さらに、データセンターの地球環境に及ぼす悪影響がクローズアップされ、経済産業省の「グリーンITプロジェクト」や米国「Green Grid(グリーングリッド)」コンソーシアムなど、その影響を最小限に抑えようとする動きが活発化しています。

このような背景から、大成建設では、データセンターの発熱問題の解決には、単なる「空調設備の増強」にとどまらず、機能性、効率性の双方が両立することを念頭に、「ラック、フリーアクセス、建物躯体までをも含めた総合的な検討」が必要と考えています。

発熱に対する総合的な検討

発熱に対する総合的な検討(拡大)

1 2