ホーム - イベント/セミナー - 医療経営ステップアップフォーラム in 大阪を開催!

医療経営ステップアップフォーラム in 大阪を開催!
「ダブル改定により加速する医療制度改革 2025年に向けた病院経営戦略を探る」

開催報告
受付

受付

2018年3月2日(金)千里ライフサイエンスセンター・ライフホール(大阪府豊中市)にて、医療経営ステップアップフォーラムin大阪『ダブル改定により加速する医療制度改革 2025年に向けた病院経営戦略を探る』(医療タイムス社・大成建設共催)が行われました。

今回は、松山 幸弘先生(キャノングローバル戦略研究所 研究主幹)、相澤 孝夫先生(一般社団法人日本病院会会長、社会医療法人財団慈泉会 理事長)、万代 恭嗣先生(前 中央社会保険医療協議会委員、地域医療機能推進機構 東京山手メディカルセンター院長)の三名の方々を講師にお迎えしました。

ライフホール会場

ライフホール会場

大成建設株式会社 吉成医療福祉営業本部長

大成建設株式会社
吉成医療福祉営業本部長

株式会社医療タイムス社 武内武内社長

株式会社医療タイムス社
武内社長

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

6年ぶりの診療報酬・介護報酬の同時改定を直前に控え、各講師の先生より、地域包括ケアシステムの構築、医療・介護の連携強化、医療機能の分化・連携の推進など2025年に向けて加速してゆく医療制度改革に関して、財政・社会保障、病院経営・マネジメント、中医協における議論などさまざまな観点から、非常に示唆に富んだご講演をいただきました。

当日は、年度末にもかかわらず満席に近いご参加をいただき、今後の病院経営の方向性や新しい病院の将来像を考えるうえで大変興味深いフォーラムとなりました。

講演内容
  • 講演1
    「財政破綻に備える医療改革」
    キャノングローバル戦略研究所
    研究主幹
    松山 幸弘先生
  • 講演2
    「病院の明るい未来をつくるために ─これからの病院経営の在り方─」
    一般社団法人 日本病院会 会長
    社会医療法人財団 慈泉会 理事長
    相澤 孝夫先生
  • 講演3
    「平成30年度診療報酬改定と今後の方向性 ─急性期入院医療を中心として─」
    前 中央社会保険医療協議会 委員
    地域医療機能推進機構 東京山手メディカルセンター 院長
    万代 恭嗣先生
松山 幸弘先生

松山 幸弘先生

相澤 孝夫先生

相澤 孝夫先生

万代 恭嗣先生

万代 恭嗣先生

講演詳細PDFダウンロード[PDF/2.5MB]*

*© 医療タイムス社